NEWS

2018.06.20 Wed

企画展 “YOU ARE WHAT YOU READ”

  “YOU ARE WHAT YOU READ” 2018.6.16(sat)-2018.7.1.(sun) * あなたの精神や肉体はあなたが読んだもので出来ている * 盛岡在住、または盛岡にゆかりのあるショップオーナー、クリエイター総勢25名が各々影響を受けた、おすすめの一冊をセレクト。 推薦文とともに展示、販売する企画展です。 あなたが通っているお店の方々がどんな本を読んでいるのか知って頂くと共に、普段知る事の出来ないクリエイターのみなさんのアタマのなかを垣間見ることが出来ます。 新たな一冊との出会いに、読書を始めるきっかけに。ぜひ一度ご覧下さい。

2018.05.13 Sun

SAN FRANCISCO SOUVENIR FAIR 5/26(sat)-6/10(sun)

BOOKNERD店主が約一週間にわたり本の買い付けで旅をしたサンフランシスコの ローカルなスーヴェニア(お土産品)を皆さんにお届け。ブックストアオリジナルのトートバッグや現地でしか買えない T シャツやキャップ、アンティークの雑貨などを取り揃え、現地で買い付けた洋書と一緒に販売致します。   *今回は秋田市、仙台市でもPOP UP STOREを展開* 6/3(sun)…秋田 のら珈琲(秋田市旭南1丁目6−2) *6/10(sun)仙台 design labo necco sendai(仙台市 青葉区一番町1-15-38 小林ビル3F)

2018.05.12 Sat

営業のお知らせ

営業のお知らせ) 5/14(月)〜5/23(水)Close**** 5/24(木)通常営業 *** ビートやヒッピーカルチャー、そしてオーガニックフードの聖地。東と西の出会うところ、サンフランシスコへ買い付け旅行に行って参ります。 サンフランシスコからバークレー、オークランドも巡ってくる予定です。 お土産とお土産話をたっぷりと携えて戻って参りますのでお楽しみに。

2018.04.18 Wed

AUTO MOAI SOLO EXHIBITION “Endless Beginning” 2018.4.29.SUN – 5.13.SUN********************************************* 顔のない女性のモノクロのイラストレーションで注目を集め、アーティストのグッズやフライヤーを手掛ける。今年2月下旬には初の作品集”Endless Beginning”を発表。恵比寿のアートギャラリー”OVER THE BORDER”で個展を開催するなど今注目のアーティスト”オートモアイ”。岩手では初の個展をBOOKNERDで4/29(日)より開催致します。 オープニングの4/29(日)にはレセプションパーティーを開催。来場されるお客様にビールや盛岡市材木町”KITA COFFEE STAND “のコーヒー、軽食を無料で提供。オートモアイさんご本人も在店しDJがオートモアイさんの作品に合う音楽をセレクトしながらご本人との会話を楽しみつつゆっくり作品をご覧頂いたり関連グッズをお買い求め頂けます。 * オープニングレセプションは4/29(日)16:00〜19:00までを予定しております。 もちろん入場無料、当日はビールやコーヒー、軽食がオールフリーでお楽しみ頂けます。 ご友人、ご家族をお誘い合わせの上ぜひ遊びにいらして下さい。

2018.03.15 Thu

3/24(sat)-4/15(sun) POPEYEとBRUTUS、ぼくらの時代展

“雑誌はぼくらにとって進むべき方角を指し示す羅針盤で、ひとびとと時代を照らす灯だった”     まだインターネットもスマートフォンもない昔むかし。 ぼくらには“雑誌”がすべてで、雑誌から文化がはじまった。 あの頃いつも傍にはPOPEYEやBRUTUSがあって、ファッションも音楽もライフスタイルもすべてPOPEYEやBRUTUSから教わった。 2018年のいま、あの頃のPOPEYEやBRUTUSはぼくらにどう映るのだろう。 かつての若者だったあなたへ。そしていまを生きる若者であるあなたへ。 1970年代〜1980年代の『POPEYE』『BRUTUS』を中心に国内外のオールドマガジンを約200冊集め、雑誌を文化史的に見て頂くことにより皆さんに日本のカルチャーがどのように成熟していったのかをご覧になって頂こうと考えております。姉妹誌のオリーブやanan、後続誌のrelax、当時の日本の雑誌に影響を与えたであろう洋雑誌も取り揃え、すべてご購入頂くことが可能です。 雑誌と併せて盛岡市内丸のセレクトショップ「rasiku」がセレクトしたヴィンテージ古着も並びます。過去のアーカイブを通じて見えてくる “何か”を感じ取って下されば幸いです。