2018.03.15 Thu

3/24(sat)-4/15(sun) POPEYEとBRUTUS、ぼくらの時代展

“雑誌はぼくらにとって進むべき方角を指し示す羅針盤で、ひとびとと時代を照らす灯だった”     まだインターネットもスマートフォンもない昔むかし。 ぼくらには“雑誌”がすべてで、雑誌から文化がはじまった。 あの頃いつも傍にはPOPEYEやBRUTUSがあって、ファッションも音楽もライフスタイルもすべてPOPEYEやBRUTUSから教わった。 2018年のいま、あの頃のPOPEYEやBRUTUSはぼくらにどう映るのだろう。 かつての若者だったあなたへ。そしていまを生きる若者であるあなたへ。 1970年代〜1980年代の『POPEYE』『BRUTUS』を中心に国内外のオールドマガジンを約200冊集め、雑誌を文化史的に見て頂くことにより皆さんに日本のカルチャーがどのように成熟していったのかをご覧になって頂こうと考えております。姉妹誌のオリーブやanan、後続誌のrelax、当時の日本の雑誌に影響を与えたであろう洋雑誌も取り揃え、すべてご購入頂くことが可能です。 雑誌と併せて盛岡市内丸のセレクトショップ「rasiku」がセレクトしたヴィンテージ古着も並びます。過去のアーカイブを通じて見えてくる “何か”を感じ取って下されば幸いです。