2019.08.14 Wed

2019.9.14 sat 「真面目にマリファナの話をしよう」刊行記念 “佐久間裕美子が語るアメリカのいま”

かつてアメリカ政府が躍起になって撲滅に奔走した非合法薬物であったマリファナは、2014年コロラド州での嗜好目的の合法化を機に他の州やカナダへ広がり、2018年のカリフォルニア州での完全合法化をはじめアメリカの多くの州で解禁化の機運にあります。 * マリファナ関連の新しい産業、ビジネスの盛り上がりや医療分野での活用など、今全米で何が起こっているのか。2015年よりアメリカ各地で取材を始めた佐久間裕美子さんが見聞し、体感したもの、そして歴史や文化を紐解き徹底的にマリファナについてフラットに書き綴った「真面目にマリファナの話をしよう」(文藝春秋)の出版を記念し、佐久間裕美子さんに今アメリカで起こっていることを語って頂くと同時に、わたしたちが中途半端に面白おかしく理解した気になっているマリファナについて大マジメに考える機会を持ちたいと考えています。 渾身のルポタージュである「真面目にマリファナの話をしよう」はよくあるスピリチュアルめいたマリファナ礼賛本でも、サブカル文脈のマリファナ探求本でもありません。このトークイベントは冷静に客観的にマリファナのことを知る良い機会だと考えております。皆様のお申込をお待ちしております。 * ◎日時:2019年9月14日(土)  19:00〜(18:30開場) ◎会場:BOOKNERD(岩手県盛岡市紺屋町6-27) ◎参加費:2,500円 * 佐久間裕美子(さくまゆみこ) ニューヨーク在住ライター。1996年に渡米し、1998年からニューヨーク在住。出版社、通信社などを経て2003年に独立。著書に『ピンヒールははかない』(幻冬舎)、『ヒップな生活革命』(朝日出版社)、翻訳書に『世界を動かすプレゼン力』(NHK出版)、『テロリストの息子』(朝日出版社)。慶應大学卒業。イェール大学修士号取得。